逆求人サイトの評判・感想

scout-event
就職活動を行う上で、どんなツールを使うと就活で有利になれるのか?

 

そんな考えがある就活生の中で、企業側が就活生をスカウトするサービスを活用する学生の方も多いです。

 

就活スカウトは一般的にイベントとして多くの企業と学生と合同で行う「スカウトイベント」と、「スカウトサイト」の2つがあります。

 

実は就活スカウトでは「スカウトイベント」より「スカウトサイト」を使ったほうが内定を取る近道なのです。

 

就活でスカウトイベントをオススメできない理由とは?

black-kigyou
スカウトイベントは主催者が1つの会場を借り、多くの企業と多くの学生が集まって行うイベントです。

 

そのイベントが開催されている時間で、企業側と学生が話せる時間がどれだけあるでしょうか。

 

某大手スカウトイベントでは、開催時間は6~7時間、参加する企業は多くても20社ほどです。

 

そして、そのイベントの参加者定員は300人です。

 

企業説明後の面談が平均30分前後、その面談を一度に3人ずつ受けたとします。

 

単純に考えて、1人の学生が人事の方と話せるのは10分前後です。

 

 

この10分前後という時間の中で企業側も学生側もどれだけのことが知れるでしょうか。

 

企業側は10分前後という限られた時間の中で面談した学生のことを知らなければなりません。

 

 

また、これはスカウトを受ける学生側にも同じことが言えます。

 

限られた時間の中で企業側を調べたり考えたりするには、あまりにも時間が少ないです。

 

 

そうすると自分の視野を狭めてしまい、正確な判断をするのが難しいです。

 

また、そういった状況でも、より多くの学生をスカウトし入社させたいという企業もいます。

 

一度により多くの学生を入社させる企業というのは、それだけ入社後にその企業を辞めてしまう人数が多い企業で傾向があります。

 

すなわち、そういった企業はいわゆる「ブラック企業」である可能性が高いです。

 

スカウトイベントは多くの学生が集まるためスカウトできる人数も多く、採用に繋げることもできます。

 

そういった効果を狙い、スカウトイベントにはブラック企業も紛れている可能性も考えられます。

 

「せっかく就職したのにブラック企業だった」という理由で、せっかく就職したのにすぐに転職を始めてしまう結果になってしまいます。

 

さらに最悪なのは、1~2年で転職すると転職先が限られてしまい、またブラック企業に入るという負のスパイラルに陥ることです。

 

このようなことを考えるだけでも就活スカウトは、スカウトイベントよりスカウトサイトを使用したほうが良いのです。

 

続きを読む≫ 2019/11/23 19:31:23

taiikukai-site
就職活動において、昔から体育会系は有利だと言われるのはどうしてなのか。

 

それは、体育会系に対して以下のようなイメージがあるからです。

 

  • 結果にこだわる経験がある
  • 結果のために試行錯誤できる
  • 元気が良い
  • 上下関係を尊重できる
  • 集団行動ができる
  • 理不尽さがある中でも努力できる
  • ストレスに強い

 

こんな社員がいたら、会社としては辞めないし、教えたら成長しそうな新人として採用したくなりますよね。

 

つまり、『社会人になったときに部下として育てやすい』というイメージがあるからこそ就職活動に有利になるのです。

 

 

それは、体育会系の学生限定の就職サイトがいくつもあることからも明らかです。

 

いくつか体育会限定のサイトがある中で、大手の体育会系限定の就活サイトは以下の2つです。

 

  • スポナビ
  • アスリートエージェント

 

体育会系限定サイト『スポナビ』のメリットや特徴は?

 

スポナビは体育会系出身の社員だけで運営されている求人サイトです。

 

部活と就活の両立のための勉強会や、全国で体育会系学生のための限定のイベントを実施しています。

 

全員が体育会系出身であるからこそ、一対一の個別面談でも体育会系の学生ならではの悩みを親身に聞いてくれます。

 

体育会系のOBやOGならではのアドバイスが期待できます。

 

体育会系限定サイト『アスリートエージェント』のメリットや特徴は?

 

アスリートエージェントは、スポーツをしてきた人の就職や転職を支援している株式会社アーシャルデザインが運営している就職サイトです。

 

アスリートとしての今をキャリアの一歩目ととらえ、就職をキャリアの二歩目と定義して、アスリートがビジネス面で社会と繋がれるように支援しています。

 

 

アスリートエージェントの強みは、1000名以上のアスリートを支援してきたアドバイザーの支援を受けられます。

 

スポーツだけをしてきて就活に関する知識がない人や、自分の特性をまだ把握できていない体育会系学生に対して寄り添ってくれます。

 

 

さらに面談を通してあなたに合いそうな求人を紹介し、面接対策を行います。

 

内定後は、独自の研修で社会人になるための準備を行い、就職後も定期的にフォローする体制が整っています。

続きを読む≫ 2019/11/15 07:35:15

就活塾,無料,福岡,博多,おすすめ
こんにちは、元就活生のおぎつです。

 

就活の時期が近づいてくると、何の準備をすればいいのか不安になりますね。

 

自分でESの内容を考えたりすると、それが合っているのかもわかりません。

 

さらに、面接なんて自分一人で練習もできるわけじゃありません。

 

 

このまま右も左も分からないまま就活に突入すると、こんな危険性があります。

 

  • 就活で周りは内定が貰えて行く中、一人だけ内定がないままずっと就活をする
  •  

  • あんまり行きたくない企業に就職
  •  

  • 最悪の場合、内定のないまま卒業

 

これらのようなひどい事態にはなりたくないですよね。

 

だからこそ、準備として就活塾に行くことはおすすめしています。

 

 

よく、「就活ごときに塾なんて・・・」みたいな声をよく聞きます。

 

しかし、今後の人生の大半は会社で過ごすので、就活に向けてちゃんと準備することはすごく重要になります。

 

 

そして、九州の中でも福岡は中心地で、他の田舎の就活生と比べても就活において塾などがあることは、有利になります。

 

実は危ない!就活でやってしまいがちな準備とは

 

よく就活生がESや面接対策で頼るのが、友達や就活を経験した先輩ですね。

 

友達や先輩に相談するのは一般的ですが、内定を貰えないでESや面接で受からないリスクもあるのでおすすめしません。

 

 

なぜいけないのかというと、その人のESや面接のアドバイスが正解とは言えないですし、間違っているかどうかも就活生は判断できないからです。

 

たとえ就活で実績のある先輩でも、その就活生と合っていなかったらうまくいきません。

 

 

友達や先輩は気軽に相談できるのがメリットですが、合わなかったり良いのか判断できなくて間違った方向に行ってしまうというデメリットもあります。

続きを読む≫ 2019/05/23 06:29:23

就活塾,無料,仙台,おすすめ
こんにちは、元就活生のおぎつです。

 

就活の時期が近づいてくると、実際に何の準備をすればいいのか不安になりますね。

 

自分でESの内容を考えたりすると、それが合っているのかもわかりません。

 

さらに、面接なんて自分一人で練習もできるわけじゃありません。

 

 

このまま右も左も分からないまま就活に突入すると、こんな危険性があります。

 

  • 就活で周りは内定が貰えて行く中、一人だけ内定がないままずっと就活をする
  •  

  • あんまり行きたくない企業に就職
  •  

  • 最悪の場合、内定のないまま卒業

 

これらのようなひどい事態にはなりたくないですよね。

 

だからこそ、準備として就活塾に行くことはおすすめしています。

 

 

よく、「就活ごときに塾なんて・・・」みたいな声をよく聞きます。

 

しかし、今後の人生の大半は会社で過ごすので、就活に向けてちゃんと準備することはすごく重要になります。

 

 

しかし、あまりおすすめできないのが友達や就活を経験した先輩ですね。

 

友達や先輩に相談するのは一般的ですが、内定を貰えないでESや面接で受からないリスクもあるのでおすすめしません。

 

 

なぜいけないのかというと、その人のESや面接のアドバイスが正解とは言えないですし、間違っているかどうかも就活生は判断できないからです。

 

たとえ就活で実績のある先輩でも、その就活生と合っていなかったらうまくいきません。

 

 

友達や先輩は気軽に相談できるのがメリットですが、合わなかったり良いのか判断できなくて間違った方向に行ってしまうというデメリットもあります。

続きを読む≫ 2019/05/22 20:00:22

就活塾,無料,大阪,おすすめ
こんにちは、元就活生のおぎつです。

 

就活の時期が近づいてくると、実際に何の準備をすればいいのか不安になりますね。

 

自分でESの内容を考えたりすると、それが合っているのかもわかりません。

 

さらに、面接なんて自分一人で練習もできるわけじゃありません。

 

 

このまま右も左も分からないまま就活に突入すると、こんな危険性があります。

 

  • 就活で周りは内定が貰えて行く中、一人だけ内定がないままずっと就活をする
  •  

  • あんまり行きたくない企業に就職
  •  

  • 最悪の場合、内定のないまま卒業

 

これらのようなひどい事態にはなりたくないですよね。

 

だからこそ、準備として就活塾に行くことはおすすめしています。

 

 

よく、「就活ごときに塾なんて・・・」みたいな声をよく聞きます。

 

しかし、今後の人生の大半は会社で過ごすので、就活に向けてちゃんと準備することはすごく重要になります。

 

 

しかし、あまりおすすめできないのが友達や就活を経験した先輩ですね。

 

友達や先輩に相談するのは一般的ですが、内定を貰えないでESや面接で受からないリスクもあるのでおすすめしません。

 

 

なぜいけないのかというと、その人のESや面接のアドバイスが正解とは言えないですし、間違っているかどうかも就活生は判断できないからです。

 

たとえ就活で実績のある先輩でも、その就活生と合っていなかったらうまくいきません。

 

 

友達や先輩は気軽に相談できるのがメリットですが、合わなかったり良いのか判断できなくて間違った方向に行ってしまうというデメリットもあります。

続きを読む≫ 2019/05/22 20:00:22

キミスカ,評判,口コミ,企業一覧,メリット,デメリット
どうも、元就活生のおぎつです。

 

最近はほとんどの大学生はキミスカと言えば知っていますよね。

 

キミスカを他の逆求人サイト(ニクリーチやオファーボックス)と比べたら、シンプルです。

 

例えば、プロフィールの記入欄は

  • 自己PR
  • 学生時代頑張ったこと
  • 取得資格やTOEIC
  • 所属のサークルや部活
  • 開発経験があるか
  • 趣味
  • 今月の話題(今はマイブームでした)

 

後は企業選びの軸と社員数の希望をチェックすると企業がスカウトしてきます。

 

(軸の項目画像)
キミスカ,評判,口コミ,企業一覧,メリット,デメリット

 

他の逆求人はもっとプロフィール記入を求めてきて大変なので、キミスカは面倒くさくないです。

 

※キミスカ企業一覧は後半に載ってます

 

キミスカで良かった点やメリットは?

キミスカ,評判,口コミ,企業一覧,メリット,デメリット
キミスカを使っていたことでよかったなと思ったことは3つあります。

 

まず最初の1点目は、まさかの自分の理想的な企業に出会えたことです。

 

どうしても就活で受けようとする企業は有名だったり、四季報で見つけたりなんかする場合が多いですよね。

 

 

急な質問ですが、どんな企業が逆求人サイトで募集すると思いますか?

 

 

正解は、有名でない企業です。

 

『有名でない企業はショボそう』と思われますが、違います。

 

仕事が企業間同士の取引だったりして有名ではないけど、優良な企業も逆求人を利用しているんです。

 

 

だからこそ、まさかの自分にとっての好条件(例えば高年収・福利厚生がしっかりしている・残業が少ないなど)がある企業にも出会えます。

 

 

2点目は、就活の面接やESの慣れができることです。

 

就活って数をこなしていけばいくほどESや面接が良くなるんですよね。

 

良い意味で慣れてきて、緊張も少しは解かれて自信のある就活生に見られるということです。

 

 

自分の第一志望クラスの企業との面接より早く、キミスカで出会った企業と早めに面接できることは貴重なことでした。

 

 

逆求人サイトは解禁前から面接もできますし、面倒な選考ステップもないから良いことですね。

 

 

3点目は、受ける企業の幅や視野が広がることです。

 

キミスカが他の逆求人と大きく違うなと感じたのは、業界を絞らないでOKなところです。

 

どうしても業界を絞ると、他の業界に全く触れられずに企業をきめてしまったりしてしまいます。

 

 

それは、本当に自分がこの企業で良いかの比較材料にもなるので、他業界のスカウトが良い機会になります。

 


続きを読む≫ 2018/01/21 21:31:21

大学生というと、3年生の終わりからインターンやSPIの勉強をして、就活解禁で説明会などに行くイメージですね。

 

でも、説明会に行ってテストを受けて、何回も面接をすることになったら大変だし面倒くさいですよね。

 

皆が同じようなスーツを着て、同じようなことをしているだけで気分が悪くなる学生も中にはいます。

 

そもそも、3月から企業が卒業見込みのある大学生を一斉に取る就職活動というのは日本だけの特有の活動です。

 

企業に入って戦力になるわけでもない学生の将来性を見込んで、企業が成長させていって、その企業色に染めていくという形になります。

 

学生もその期間に集中して、スキルなどもない将来性を見込まれて入れてもらえるポテンシャル採用だからこそ競争率が激しくなります。

 

この皆と同じように行動して競争率の高い就活をしたくないという時はどうすればいいか?

 

その答えは単純に言えば、みんなと同じ就活をしないで就職をすればいいんです。

 

具体的な方法だと、・就活の手法を変える・期間をずらすの2つです。

 

詳しくこの2つの方法を紹介していきます。

続きを読む≫ 2017/11/11 09:53:11

どうも、おぎつです。

 

2018年卒として去年までバリバリ就活をしてきたわけですが、今は企業から学生をスカウトする逆求人というのも流行っていますね。

 

実際に企業からスカウトと聞いたら、「なんか怪しいな~」とか「小さい中小企業だけなんじゃないの?」と思うかもしれません。

 

しかし、実際の逆求人サイトは違います。

 

誰もが知っている大企業や年収1000万を超えるような外資企業がいるんです。

 

例えば、僕の友達はこうゆうパターンでした。

  • 逆求人サイトを専門に就活に熱をいれて、誰もが知っている大企業に入った
  • 普通に日本の有名企業を受けるのと並行に逆求人サイトで外資企業と偶然出会って、年収面で日本の大企業を蹴って外資に就職

 

実際に、僕自身もコニ〇〇ミノルタ、たばこの○○、某有名商社など聞いたことある大企業に出会ってびっくりしました。

 

そんな企業に出会えて実際に使えたなと思う3つの逆求人サイトを紹介したいと思います。

 

続きを読む≫ 2017/09/08 16:13:08

どうも、おぎつです。

 

就活を始めていくと、企業が逆に学生へアプローチする逆求人サイトを聞いたことがないでしょうか?

 

この中でもインパクトが強いのが、【ニクリーチ】です。

 

企業の人事とランチしながら内定を貰いに行くという斬新なスタイルだから、ほとんどの就活生は知っていると思います。

 

そして僕も去年、このサイトに一応登録をしてみて、ランチスカウトを受けて行ってきました。

 

今回はその感想と口コミを書いていきたいと思います。

 

まず、サイトには金融志望でエントリーシートみたいなのを書いて放置(2週間くらい)していたら、知らない金融系の企業からランチスカウトが来たんです

 

企業の説明を見ても、リースやら何とかと分かりづらい説明だったのでランチスカウトで話を聞こうと行きました。

 

ツイッターやサイトなどを調べると、人事の人と焼肉食べながら話した~みたいなこと書かれていました。

 

実際にランチを想像したら、「人事の人と昼飯食べながら話すなんて絶対緊張するじゃん!」と思いつつ向かいました。

 

その企業は高層ビルに本社があり、部屋に通されると僕以外にも2人の学生がいました。

 

そして人事の人が1人と学生3人で話が始まりました。(この時、ランチはこの話し合いの後にあるのかな~?なんて食べることばかり考えていました)

 

色々な正直な質問をしました。例えば、給料のこと、なんでニクリーチなのか、事業のことなどなど。

 

説明によると、給料は外資なので年棒制ということ。

 

ニクリーチの理由は、いろいろありました。

  • 外資企業で今年から新卒採用を始めたので、普通にマイナビやリクナビで募集しても知名度がなく集まりづらい。
  • 大手求人は費用がかかるということで、ニクリーチでピンポイントにアプローチをしている

 

 

まあ色々と説明は終わって、僕は待ちに待ったランチを期待しました!

 

 

と思ったら、普通に帰された。

 

 

あれ?ランチは?と思う僕は気づきました・・・

 

ランチスカウトに釣られて、騙されたんです!!

 

ランチスカウトと謳いながら、ただの説明会を開かれたんですね。

 

しかし、学生側は人事の人に「ランチはないんですか?」とかは言えない。

 

こりゃやられた。

 

この後も僕は、あきらめずにニクリーチでランチスカウトを待ちました。

続きを読む≫ 2017/09/04 17:19:04

【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ