インターンシップ

インターンシップは意味ないよ。行くだけ無駄な理由を元就活生が教えるよ

こんにちは、大学4年生のおぎつです。

夏以降からインターンシップの募集が始まって、就活意識高い系の友達はどんどんエントリーして選考し始めていますね。

なんか周りが就活を始めていると出遅れてないかと不安になります。

自分も周りが3日から1週間インターンとか行き始めたので、自分も行ったほうがいいのか!?と思いました。

でも夏休み、冬休みとか大事な学生4年間の休みを無理やりでもこれから30年以上働くのに体験しなきゃいけないんだ!とも思ってました(笑)

旅行とか部活動、アルバイトとか今しかできないことにしっかりと使おうと思ったので、1日インターン(銀行)だけ行きました。(金融の仕事だけなにしてるか全然イメージがわかなかったので)

結局、結論から言うと行かなくて大丈夫です。

もし周りに流されてなんとなくだったり、就活で有利になるなどの理由で行くと企業を選ぶ視野も狭くなります。

自分は1日インターン行った銀行は落ちたし、インターン行ってない企業に内定を貰いました。

周りにもインターンは最低でも役に立った程度で、直接的にインターン経由で内定もらったなんて人は大手ではいません。

それよりも逆求人サイトで面接など実際の就活を早くからやっていた方が、就活慣れをして内定を貰える可能性が上がります。

参考記事→【新卒】元就活生が教える本当におすすめの逆求人サイト

じゃあもっと詳しく、なぜインターンシップは行かなくても大丈夫なのかを解説していきます。

インターンシップで有利なのは3つくらい。意味がなく無駄になる2つの理由

そもそもインターンシップに行く目的はその企業に行きたい、業界や企業研究としてですよね。

でもこの目的で行くからこそ意味がなく無駄になってしまいます。

理由は2つです。

・免除があっても有利とはいいがたい

・しっかりとした業界・企業研究とはならないから

例えば、その企業に行きたいという目的だと有利になるかというと免除があっても3つくらいです。

・説明会が予約しやすくなる

・GD(グループディスカッション)免除

・筆記テスト免除

実際はこの中でもあるかどうかは企業次第で、ほとんどが説明会が予約しやすくなるです。

(GDと筆記免除をやってる企業は少ないです。)
※ここらへんの情報は楽天のみんなの就活でインターンでの免除はあるか調べてみるといいですよ。

就活は10社以上受けるので、その1つが免除だから有利もくそもあまりありません。

結局面接を2回以上は受けますしね。

あとインターンシップ行ってその企業に行きたくなりがちになりますが、面接で落ちた時の反動もでかいので注意したほうがいいです。

期待しすぎると落ち込みが半端ないです。。

あとは業界・企業研究にならないという理由ですが、確かに企業研究はいいです。

でも実際の業界・企業研究は業界の中での似た企業などの他社を比較することで深くできてくるようになってくるのであまり意味がないな~と思ってしまいます。

まとめ~インターンシップのメリットデメリットを絞り出してみた

就活は何十社も受けるので、インターンシップに行かなくても大丈夫です。

インターンシップの大きなデメリットは2つで時間がもったいないと就活の視野が狭くなります

時間はほとんどが無給ですし、卒業したら何十年も働くので貴重な休みを学生のうちにしかできないことに使ったほうがいいですね。

就活の視野はどうしてもインターンシップに行った業界や企業が第一志望になってしまい、ちゃんと自分の将来を考えて他の業界などを観なくなる傾向があります。

メリットも一応あるよ!
一応インターンシップに行くメリットも考えてみました。

こんなかんじです。

・就活意識が高くなる

・友達や交流の幅が広がる

・社会人と触れ合う機会ができる

ほんとにアルバイトくらいしかすることなくて暇という人にはインターンシップもいい刺激になるかもしれません。