自己分析

どうも、元就活生のおぎつです。

 

就活が近づいてくると、どこの業界や企業がいいか、他にもESやらSPIなど考えることが多くなってきますね。

 

 

そんな中でESの自己PRやガクチカ(学生時代に力をいれたこと)を書かなければいけません。

 

 

でも学生時代に何もしてこなかった学生は、自分をPRできるようなことが何も思いつかないという事態に陥ります。

 

自己分析したところで当たり障りのないエピソードばかりだし、意味もないと落ち込んでしまうかもしれません。

 

 

そんな時に、なにもしてこなかった何もない大学生でも就活で自己PRできたりガクチカの話をできる対処方を紹介したいと思います。

 

その対処方は2つあります。

 

1つ目は、1の出来事を10までストーリーに作る作業です。

 

 

これはいわゆる今自分がやってきた話を盛っていくことですね。

 

何もない学生でも冷静にこれのどれか1つに当てはまるなら大丈夫です。

 

  • バイトを1ヵ月でも続けたことがある
  • 大学の授業を10個以上受けたことがある
  • 中学高校で少しでも部活に入ったことがある

 

さすがに就活をするのですから、大学の授業は受けていますよね(笑)

 

 

これらのエピソードがあるのですから、よく聞こえるように話を大げさに作るんです。

 

よく何もないと悩む就活生にみられる傾向は、馬鹿正直な学生が多いことです。

 

 

例えば、大学の授業で経済系の科目や社会問題などの科目を適当に受けていたとしましょう。

 

その授業で、さらに自分から調べてさらに掘り下げていくことに大学時代は集中したとアピールすればいいんです。

 

そうすることでアピールするためにやることは、その授業を掘り返してさらに詳しく勉強して、詳しくなればいいんです。

 

 

人事や面接官は本業である勉強を真面目にしてきた学生は好感触ですから効果アップです。

 

ただし、成績があんまり悪いと言いづらいのが難点です。

 

他にも、もし3か月でやめたアルバイトでも3年間続けていてアルバイトリーダーであると話を作ってみましょう。

 

 

面接官は実際のことは知りませんし、こうやって話を作り上げる就活生も多いです。

 

 

ただし、これもしっかりと作った話の部分は喋れる練習や深く掘り下れても大丈夫にしておく必要があります。

 

 

では、次に2つ目の対処方法を紹介をしていきたいと思います。

続きを読む≫ 2017/10/16 10:28:16

どうも、元就活生のおぎつです。

 

就活で先輩たちは、「自己分析はめっちゃ大事だから!」ってよく言いますよね。

 

自己分析をなぜするか言わない先輩ばかりで、何のために自己分析をしているのか分からない学生も多いです。

 

一応、おさらいとして自己分析のメリットはこんな感じです。

 

  • 本当に自分のしたいことが客観的に分かる可能性を上げて、就職活動の軸が見つかりやすくなる
  • 自分の長所や短所など特徴を分かるようになる
  • 面接時に深堀されても詳しく答えられるようにになる

 

こんなに自己分析をするメリットがあるなら他己分析も必要なの?と思う学生も多いです。

 

言っておくと、他己分析はめっちゃ大事です。

 

じゃあ他己分析はなぜそんなに大事なのか?

 

よく言われるのは他己分析で、知らない短所や長所が見つかるとか言われますね。

 

正直、こんな短所を言われても就活に役に立たないです。

 

正直に友達から言われた短所を言うバカな就活生はいません(笑)

 

 

本当に他己分析を理解している就活生は、面接で合格する、内定をもらえる決定打を打つことができます。

 

 

では本当の他己分析のメリットとは、周りから見える自分の印象普段の性格が見えることです。

 

 

周りから見られる印象と性格について、さらに詳しく説明していきます。

 

続きを読む≫ 2017/10/08 16:05:08

自己分析,なりたい自分,やりたいこと,就活

 

どうも、元就活生のおぎつです。

 

就活でみんななりたい自分ややりたいことを見つけようと必死になりますね。

 

そりゃ何十年も働くことになる企業を探すんだから必死になるのは当たり前です。

 

そこで自己分析をして過去を振り返って探し始める就活生に言いたい。

 

そんなんでなりたい自分ややりたいことは見つかるわけねーだろ!!

 

もちろん、就活中に僕もやりたいことや将来になりたい自分を想像しながら自己分析をやっていました。

 

 

でもふと、「ここでの決断が揺るがないことはないのか?」と思いました。

 

絶対に大学生から社会人になったら考え方や生活、金銭感覚なども少しは変わると思います。

 

 

だから自己分析だけではなく、他の方法もとったので、それを紹介していきたいと思います。

続きを読む≫ 2017/09/27 21:30:27

就活,自己分析,いつから,何歳,どこまで

 

どうも、おぎつです。

 

就活の自己分析ってめっちゃ大事って先輩たちが面白いほど口をそろえて同じこと言うからビビりますよね(笑)

 

自己分析っていうけど、「じゃあいつから過去を振り返ればいいんだ!」と勝手にストレスもたまります。

 

いつから振り返るかは、人それぞれ自己分析のやり方は違います。

 

例えば期間でいうと、覚えてないような幼少期からやる就活生や高校生あたりからやる就活生などですね。

 

 

でも言えるのは、幼稚園・小学生低学年あたりから細かく振り返るのは時間の無駄です

 

ここから自己分析をやってしまうと時間がめっちゃかかるし、大事な思春期当たりが面倒くさくなってテキトーになります。

 

一番大事なのは、やっぱり自分が覚えている時代です。

 

もちろん小さいころを覚えている人もいますが、その頃はハッキリとしてなかったり自分の考えがあんまりない(親のいいなり)な時期です。

 

それよりも自分の考えがはっきりとした時期に重きを置くことがいいです。

 

じゃあ小さい頃は思いっきり無視するのは良くないので、おすすめのやり方を教えます。

続きを読む≫ 2017/09/27 20:43:27

【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ