業界研究・企業研究

行きたい企業がないままとりあえず就活をしたら絶対に失敗する⁉

どうも、元就活生のおぎつです。

 

大学3年生の後半ぐらいから、みんな就活を意識し始めることになりますよね。

 

僕の場合は就活の準備と言ったら、就活が解禁する1か月前にSPIの勉強をし始めただけで、インターンシップなどには一切参加していませんでした。

 

 

行きたい企業や業界は特になく、テストやESの準備だけ皆と同じように準備しておこう位の感覚でした。

 

しかし、行きたい企業や業界を絞れていなかったまま就活に突入したら悲惨なことになったのです。

 

行きたい企業や業界がないだけで落ちる確率が上がる2つの悲劇とは?

行きたい企業や業界がないまま、とりあえず様々な企業を受けてみようとした僕の悲劇は2つありました。

 

悲劇その1 ESの質が悪くなる

 

ESの項目で共通しているのは、主にこの3つです。

 

  • ガクチカ(学生時代頑張ったこと)
  • 自己PR
  • 志望動機

 

この中でも自分のことは、業界に合わせる必要もあまりないので質は変わりません。

 

しかし、志望動機はどうしても薄くなって落ちやすくなります。

 

 

やはり業界を1つに絞れている他の就活生と比べると、内容は明らかに質が薄いのは明らかです。

 

さらに、その企業の業界での立ち位置や時事ネタなども勉強しなければいけません。

 

 

しかし、興味がないとそこまで調べられないのが現実です。

 

 

最終的にはいきたい企業や業界を絞れた時のESの通過率が80%と比較すると、行きたい企業がない時のES通過率は50%でした。

 

つまり、受けた企業の半分が面接も受けずに落ちてしまいます。

 

下記の記事でも紹介していますが、面接で落ちる確率も多いのでESが50%しか通過しないまま就活をやると内定がもらえないままになる可能性が高いです。

 

【参考記事】
就活でテストや面接を受けて平均何社落ちるのか?元就活生が考察

 

悲劇その2 深堀されるとボロが出やすくなる

 

面接の時に必ず聞かれることって、ES以外のことで何か知っていますか?

 

答えは、他の選考状況です。

 

特に志望する企業がなく様々な企業を受けていた僕が一番困ったのは、選考状況の質問でした。

 

この質問の時に、他の業界や企業を答えると必ず深堀りされます。

 

例えばこんな質問です。

 

『なんでこの業界だけじゃなくて他の業界も受けているの?』

 

『○○企業受けているけど、どうしてうちも受けているの?』

 

この時に、関連性や一貫性のある答えを答えれないとマイナスな評価になり落ちやすくなります。

 

その答えを用意することや予想もしていない深堀りをされると、特に行きたい企業や業界がなく様々受けている就活生には面接が不利になっていきます。

続きを読む≫ 2018/12/24 13:56:24

就活,内定,取りやすい,受かりやすい,企業

 

どうも、元就活生のおぎつです!

 

2019年は売り手市場ですが、去年に比べると少しだけ下がり気味ですね。

 

例えば、イギリスの独立やAIによる仕事削減なども要因の一つです。

 

 

そんな中、就活で1つでも早く内定をもらって安心したいのが就活生の本音です。

 

僕自身も内定を1つも持っていない時は、焦って余裕がなさそうな学生でした。

 

 

逆に内定を1つでも貰うと、安心して余裕があって冷静に面接などに取り組めたので、そこからどんどんと内定を貰えました。

 

 

とにかく内定が欲しいという時は、内定を取りやすい・選考が受かりやすい企業を受けることが良いですよね。

 

今回は内定を取りやすい企業を簡単に見つける方法を伝授したいと思います。

 

 

カンタン!内定を取りやすい・受かりやすい企業の2つの見分け方・基準

内定を取りやすい企業と聞くと、倍率が低いということが思い浮かべられると思います。

 

確かにこれも一つの基準になります。

 

しかし、そうなると3大メガバンク(銀行)が簡単になってしまいます(笑)

 

3大メガバンクはみずほ・三井住友・三菱UFJの3つです。

 

これらはそれぞれ1000人近く採用しますので、自然と倍率も高いわけではありません。

 

しかし、その応募している学生の学歴や質が高いため、内定が取りやすいとは言えません。

 

では、倍率以外の見分け方は他に2つあります。

 

1つは、面接や選考の数です。

 

面接の数はすごく重要で、1つでも面接の数が減ることで20~30%は内定を取りやすい確率が上がります。

 

 

例えば、どの業界の大手はテスト→GD(グルディス)→面接3回などになります。

 

しかし、GDもなく面接が2回になると1次面接から最終面接で終わりです。

 

 

最終面接はその企業に来てくれるか、熱意があるかを確認するための場合が多いので受かりやすい傾向にあります。

 

 

そのため、面接の数や選考プロセスが少ない企業を探すのが良いのです。

続きを読む≫ 2018/02/27 09:49:27

どうも、元就活生のおぎつです。

 

就活をするにあたって、まず受けたい企業を決めなければいけませんね。

 

しかし当時の自分は、『特に行きたい企業なんてないし、多すぎてどの企業を選べばいいかなんてわからない!!』というのが現状でした。

 

なんせ日本の企業数は約420万社ありますから(汗)

 

そんなに多い企業数の中から約半年くらいの就活期間で選ばなければいけないというのが、そもそもミスマッチを起こしやすいです。

 

一番就活生で多いミスが、この仕事がやりたい、こんな自分になりたいみたいな自分や仕事の理想を無理やり作っていることです。

 

こうなると、どんどん企業の良いところばかりが見えてしまいます。

 

そして、入社後に嫌な部分が突然見えてきて仕事が辛い状態に陥ります。

 

これから就活生に紹介するのは、自分に正直になるような企業の選び方です。

 

そして入社後とのギャップが出ない、自分が満足するような企業の選び方を紹介したいと思います。

 

 

続きを読む≫ 2017/12/25 08:48:25

どうも、元就活生のおぎつです。

 

業界研究って就活に向けてやった方がいいですが、具体的に調べたりすればOKなの?と思いますよね。

 

実際に業界研究のやり方はマイナビやリクナビなどで紹介されています。

 

しかし、あの業界研究は内容が薄すぎる(笑)

 

四季報という本で調べたり、OBOG訪問をしよう!としか書かれていないのであれだけで終わらせたら何も得られないです。

 

業界研究のためだけに、まだ就活始めたての何も知らない学生が忙しい社会人の方に的外れな質問をしたら大変失礼です。

 

業界を知るだけなら軽く調べれば終わりますし、普通に自分でこの業界は何してるかなんて想像通りです。

 

さらによくいる就活生では、業界研究でその業界の行き先を見据えようとする学生が多いです。

 

こんなのただの学生がやったところで無駄に近いです(笑)

 

その不安な行き先を良くしようと改革するのが企業ですから、そんなこと分析していてもキリがないですね。

 

業界研究でほんとのやり方、そしてやってほしいことは他にあります。

 

それは今までの自分と向き合って素直に業界研究をしてほしいことです。

 

今回は本当に就活で役に立つ業界研究のやり方を紹介していきたいと思います。

続きを読む≫ 2017/10/22 11:37:22

こんにちは、元就活生のおぎつです。

 

今回は、就活で業界研究や企業研究は本当に意味があるのか?について話したいと思います。

 

就活を経験している人達からの結論でいうと、

 

業界研究は微妙、企業研究は絶対に必要です。

 

どちらもいらないっていう就活生は見たことがないです。

 

むしろどちらかはやっていないと内定はもらえないでしょう。

 

 

まず業界研究が微妙な理由は、実際にやってみると分かる学生も多いのではないでしょうか。

 

業界ごとの説明って薄いし広すぎるんですよね(笑)

 

金融業界の説明を見たところでやっていることは大体のことばかりです。

 

例えば、

  • 企業にお金を融資している
  • 個人客の金融商品・保険商品の販売・運用
  • 銀行や金融会社で集めてるお金を投資に回している

 

などがあります。

 

これらを軽く全業界は把握するのはすぐ終わるしやってもいいと思います。

 

あとは業界研究で将来性や安定しているかなどを見ている学生もいますね。

 

しかし、これは間違っています。

 

実際にその業界や日本や世界の将来の経済状況などは複雑ですので、知識の浅い学生がやったところで見当はずれになるでしょう。

 

一応分析してみるとして、保険業界で例えてみましょう。

 

日本の人口が減ってきているから保険業界は危ないのかも・・と思っていても海外に進出する可能性があるなど考えてもいいです。

 

しかし、そこからどの外国なら保険文化が受け入れられるのか?となったりして分析しきれません。

 

実際に学生がその業界の将来を研究して考えても当たらないでしょう。

 

だから業界研究がいらないと言う就活生もいます。

 

業界研究はどんな働き方か、自分がやっていけてやりがいを感じられる仕事になるか程度がいいです。

 

 

では、次に絶対に必要な企業研究について紹介していきます。

続きを読む≫ 2017/10/18 11:22:18

【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ