実際の就活スケジュールや予定・解禁日について

就活,夏から,始める,4年,大手,どうすれば,大手,厳しい,採用
どうも、元就活生のおぎつです。

 

普通の就活生は就活解禁の3月から就活を始めますね。

 

大学の単位や自分の事情などがあるので、夏から就活を始める学生も結構います。

 

 

就活が遅れてしまうと、主にこれらの2つの不安が出てきます。

  • まだ企業は募集しているのか?
  •  

  • 売れ残ったように見えて、就活が遅れた学生の採用は厳しいのでは?

 

就活を経験した人からすると、まず意識してほしいことは普通に就活していたら、内定を貰える可能性は圧倒的に低いということです。

 

 

なぜ夏から就活を始めると、内定を貰える可能性がガクッと下がってしまうのか?

 

それには、採用が厳しい3つの理由があるからです。

 

理由その1 採用の定員が達している可能性が高い

 

人事の方から聞いた話だと、毎年採用する学生の目標数を決めています。

 

その目標数を達すると、それ以上は不要のため、よっぽど優秀な学生ではない限り採用はしないです。

 

 

内々定を上げるのは遅くても6月のため、大体の企業は5~6月までには採用の目標人数を達成します。

 

そのため、夏からだと採用の枠自体が少なくなって厳しくなっています。

 

理由その2 テストのボーダーが高くなっている

 

実は目標の採用人数を達成していても、採用募集は続けている企業は結構あります。

 

なぜなら、内々定を辞退する学生がいるからです。

 

 

そのため、少しだけ余分に就活生を採用しようとする傾向があります。

 

その際には、企業は2次や3次募集と称してすごく優秀な学生を採用しようとします。

 

 

その時に優秀かどうかの指標になるのはテストのボーダーですね。

 

2次や3次の募集は採用人数が少ないので、テストのスコアだけ高い学生だけに集中して採用活動をします。

 

理由その3 他の学生よりも経験値が低い

 

3月から就活している学生と夏から始めた学生だと、面接の時などに経験値の差が出てしまいます。

 

経験値とは、簡単に言えば面接に慣れているかどうかのことです。

 

 

この就活慣れをしているかどうかで、内定を貰える確率も変わってきます。

 

実際にこの面接に慣れていない時と慣れた後では、面接の合格する確率が4割から7割くらいまで伸びました。

 

(実際に面接慣れをした方法はこの記事で紹介しています。)
就活の面接で緊張して落ちていた就活生が緊張しないためにした2つの克服方法

 

夏からの厳しい就活はどうすればいい?

 

夏からの就活は厳しいということは分かりましたが、実際に何をすればいいのか?

 

その具体的な方法を、以下のように順に紹介していきます。

 

  • 基本的なやるべきこと(意識すること)
  •  

  • 内定を早く獲得できる方法
  •  

  • 大手や高年収の企業から採用される方法
続きを読む≫ 2019/05/18 10:57:18

就活内定,もらえない,もってない,全落ち
どうも、元就活生のおぎつです。

 

周りでは内定を持っている就活生が多い中で、自分だけまだ内定を持っていないだけで不安になりますよね。

 

 

就活を体験した人からすると、就活は10社受けたら3社の内定を貰えたら優秀な学生です。

 

逆に言うと、優秀な学生でさえ10社受けたら7社は落ちてしまいます。
(詳しいことは以下の記事で紹介しています(→就活でテストや面接を受けて平均何社落ちるのか?元就活生が考察したよ))

 

こんな内定を貰える数が少ない中で、就活をしていたら不安になってしまいます。

 

さらに内定を持っていないままだと尚更不安になりますよね。

 

 

そして、一番危ないのが内定を貰えないという不安からの負のループです。

 

この内定を持っていない負のループは以下のようになります。

 

 

  • 内定がない不安から面接の時にプレッシャーで余計に緊張する
  •  

  • 面接の時に表情が暗くなったり余裕がなさそうに見える
  •  

  • そのせいで最終面接より前で落ちる
  •  

  • 落ちたことによりさらにまたプレッシャーが強くなる
  •  

  • 私生活でも全体的に憂鬱になる

 

内定を持っていないというプレッシャーは主に面接に影響が出てきます。

 

実際に僕も内定を持っていないことによる負のループに入って内定がもらえない状態でした。

 

それでも色々な方法を試すことにより、ベストな方法を見つけて内定をやっともらえることができました。

 

 

そして内定を1社でも貰えると、心に余裕が出て次々に内定を貰えるようになりました。

 

ここでは僕が落ちる原因に特化して試した方法を3つ紹介していきます。

 

この方法を読む前に意識してほしい点とは?

 

この方法はSPIなどのテスト・ESや面接など落ちやすい分野に特化した解決方法を紹介しています。

 

しかし、解決策は似ています。

 

つまりこれから紹介する方法は、自分の就活で苦手な分野へ活用しないと効果がありません。

 

自分がどうやって使いこなすかを意識しながら読んでみてください。

続きを読む≫ 2019/04/04 20:31:04

就活,5月,内定ない,暇
どうも、元就活生のおぎつです。

 

3月の就活解禁から説明会にES提出ラッシュ、4月には選考もチラホラありますね。

 

 

2か月の間を就活しているにも関わらず、内定がまだ1つも貰っていないと焦ってきます。

 

周りには内定を持っている学生もいて、さらに焦ったり不安になってくることもありますね。

 

(早慶やMARCHの高学歴だろうが、ほとんどの就活生は4月でも内定を持ってないので安心してください(笑))

 

 

焦っている反面、5月の就活は意外と暇なんです。

 

理由はESの提出が終わって、面接は6月にありますし面接の練習も就活生は慣れてしまっていてやることがないんですよね。

 

 

さらに5月はゴールデンウイークがあって、企業も休み時期です。

 

就活生はこの時期に何もないので、中だるみしやすくなって気力が抜けてしまうので注意が必要です。

続きを読む≫ 2018/05/06 16:14:06

就活のSPIやES・面接の準備もせずに3月を迎えた学生はどうする?

就活,3月から,遅い,内定
どうも、元就活生のおぎつです。

 

今回は1~2月の間は忙しかったり、就活のやる気もなくて何も準備をしてこなかった学生でも内定を取れる方法を紹介したいと思います。

 

 

実際に3月から始めると遅いのか?と心配になりますよね。

 

結論としては、3月からでも遅くないです。

 

 

理由としては、3月はまだ説明会がほとんどだからです。

 

ESの締め切り日もありますが、それを逃しても2次の締め切り日が3月後半や4月にあるのでまだ間に合います。

 

 

先輩でも3月の中旬から始めた人がいて、内定をすぐに取れていました。

 

今もまだ売り手市場が続いているので大丈夫です(売り手というより少子化な気が・・・)

 

 

それでは他の就活生よりも遅れた場合でも、挽回できる方法を3パターンで紹介していきたいと思います。

 

続きを読む≫ 2018/02/28 12:48:28

就活,3月1日,解禁,やること,2019年卒,エントリー

 

どうも、2018年卒で元就活生のおぎつです。

 

聞いたことがあると思いますが、3月1日になったとたん皆がリクナビやマイナビに一斉にログインしてエントリーをし始めるという現象が起こります。

 

 

それのせいでサーバーが重くなり、全然エントリーができない状態になって説明会もいつの間にか埋まっているという悲劇も起きやすいです。

 

それを僕も先輩から聞いていたものの、恐る恐るパソコンの前でスタンバイしていました。

 

そして、0時になってパソコンでマイナビかなんかにログインして一斉エントリーを開始しようとしました!!

 

 

そしたら全然サーバーも重くないし、エントリーも簡単にできるんです!!!

 

 

混雑のトラブルを楽しみにしていたのに、逆にがっかりした覚えがあります(笑)

 

 

リクナビなどの企業側も毎年のサーバーダウンから学んで、ちゃんと対策をしているので大丈夫になってきているようです。

 

 

では0時になってすぐにエントリーできることが分かりましたが、本当に1日になったばかりにエントリー合戦をするべきか?

 

僕の答えは、エントリーする企業を決めてるならYES、していないならNOです。

 

エントリーするところが決まっていれば、説明会を出来る限り早く申し込むことが大事です。

 

 

エントリーする企業が決まってないなら無駄な夜更かしになってしまうので朝起きてしっかりと作業しましょう。

 

ただし、エントリーする企業が決まっていても大変なことがあるんです・・・

 

理由は、次の章でしっかり説明します。

続きを読む≫ 2018/02/27 16:20:27

就活,3月,解禁前,準備,やることリスト,自己分析
どうも、元就活生のおぎつです。

 

12月頃からは、もう就活の準備に取り掛かる学生が多くなりますね。

 

そんな友達を見て影響され、僕自身も就活の準備をしよう!と思いました。(結局2月から始めました)

 

 

就活に向けて行動しようとすると、イメージするのが自己分析・ES・SPI・業界と企業研究・面接練習になりますね。

 

就活を経験したことのない学生はやることもいっぱいあるし、どれからやるのが良いのか迷ってしまいます。

 

 

そして僕も、『何をすれば就活で上手くいって内定が取れるのか』と悩み続けました。

 

そして就職活動を体験して、これをやればどの企業にも対応できる就活生になれるというアドバイスを書いていきます。

 

 

ということで実際に僕が就活でやって良かったことと、ダメだったことを紹介していこうと思います。

続きを読む≫ 2018/01/23 23:22:23

就活,準備,何もしてない
どうも、元就活生のおぎつです。

 

大学3年生のほとんどは秋ごろから就活の準備をしていますが、実際に僕は何もしていませんでした(笑)

 

 

周りは秋ごろからインターンに行ったり、SPIの勉強をしていましたが、僕は他のことで忙しくて完全に後回しにしていました。

 

ちなみに就活の準備をしようとしたのは2月からでした。

 

 

もちろん2月からのスタートだから資格なし・TOEICのスコアもなかったです。

 

しかし、この短期型の就活だからこそ集中できて精神的にも楽だったのも事実です。

 

 

僕以外でも3・4月あたりから始めている猛者の先輩もいました。

 

そんな遅くから準備を始めても財閥企業(赤の企業)に内定をいただいたので、僕の短期型の就活を見ていきましょう。

 

 

【2月】まずは自分が何の準備をするかしっかり考えた

 

じゃあ就活の準備をしよう!と言っても、面接・テスト・ES・GD(グループディスカッション)と色々あって何から手を付ければいいのか分かりづらいですよね。

 

 

そこで大事なのは就活のスケジュールを計算することです。

 

 

ざっくりと就活のスケジュールを説明すると例えば、7割くらいの企業はこれくらい早いスケジュールになっています。

 

※実際に就活の1日ごとの忙しい就活スケジュールはこちらで紹介しています

 

元就活生が大学生の就活がどれくらい忙しいか体験談を教えるよ。

 

  • 3月 説明会やES提出・テストを受ける
  •  

  • 4月 テストを受ける・面接開始
  •  

  • 5月 最終面接系が多くなる
  •  

  • 6月 内定

 

ここから何が最初に必要になるかというと、ESの提出が最初になりますね。

 

そこからテストを受けて、面接になります。

 

 

なので2月はESを書くこととSPIの勉強だけに集中しました。

 

ESとSPIの勉強はやっておいたころで、忙しい3月を乗り越えられるようになりました。

続きを読む≫ 2017/11/20 21:57:20

就活,どれくらい,忙しい,2018年,2019年卒
どうも、元就活生のおぎつです。

 

大学3年生で就活が3月から解禁で、秋からインターンやSPIの勉強に励む学生が増えてきますね。

 

 

でもまだ就活を経験していない学生は、こうゆう就活の準備をしているけどそもそも就活ってどんな感じなの?という気持ちにもなると思います。

 

 

実際にアルバイトや習い事があった自分自身も、最初の頃は就活がどれくらい忙しいのか分からなくて予定を組もうにも組みづらかったです。

 

 

もちろん人によって就活の忙しさは受ける会社の数によってや選考の進み具合でも少し違うと思います。

 

 

だから今回は一般的な7~15社くらいの数を受ける就活生をイメージして、どれくらい忙しいか見てもらおうと思います。

 

まずは、大半の就活生の基本的なスケジュールはこんな形です。

 

  • 秋~3月前 インターンやSPIの勉強、ES作りや面接の練習の準備期間
  •  

  • 3月 【就職活動解禁】 大学の合同説明会から企業の個人説明会が始まる
  •  

  • 4月 ES提出ラッシュ・面接も始まる
  •  

  • 5月 面接ラッシュ
  •  

  • 6月 経団連の就活予定を守る超大手の面接が始まる
  •  

  • 7月 就活の延長戦が始まる

 

これが基本的な流れで、就職活動の売り手市場ですから6月の中旬にはほとんどの人が内定を持っている状態でしょう。

 

 

そして、内定への選考の基本的な流れはこんな感じです。

 

  • 企業の説明会を受ける(大半は必須ではありません)
  •  

  • ES提出とWEBテストと※テストセンターを送る(テストセンターとは特定の会場で受けるSPIで、企業に受けてくださいと言われた時にだけ受けれるテストです。

    テストのスコアは受けるごとに更新されますが、受けずに前に受けたテストセンターのスコアを違う企業に送信して使いまわしもできます)

  •  

  • 書類選考が通ると1次面接かGD(グループディスカッション)
  •  

  • 1次面接かGDが通ると2次面接
  •  

  • 最終面接

 

企業の説明会は必須ではないですが、少数派で説明会兼テスト・ESを書くことをその場で実施という企業もあります。

 

 

1次面接の代わりに最初にGDという企業もあり、3回面接かGDと2回面接の企業が多いです。

 

ちなみに金融はリクルーター面談と称して、5,6回も面接をします(笑)

 

ではこの流れでどの時期が、バイトも遊びもできないくらい忙しいかを紹介していきます!

続きを読む≫ 2017/10/27 10:02:27

こんにちは、大学4年のおぎつです。

 

もう経団連から発表があった通り、就活スケジュールは3月に就活解禁で説明会などが始まります。

 

なので、ほとんどの日系企業は3月より前にESやテストなどは要求しません。

 

ちなみに外資系企業は解禁などを経団連に入ってないので守りません。

 

そして6月に選考スタート(ここはほとんどの企業が守らない)です。

 

6月に面接をちゃんと始めるのは金融や商社などです。

 

といっても、その前にリクルート面談とかいう謎の選考らしき面接が社員と何回もやられます。

 

実際に自分が就活スケジュールの発表を受けた時に思ったことがあります。

 

で、実際に3月から就活って言ってもなにしてるの?です。

 

ということで就活を月ごとに実際は何しているかを書いていきたいと思います。

 

就活解禁前の12・1・2月の予定やスケジュールは実際何してる?

就活解禁前だから「まだいいや」という学生も多いと思いますが、ここでどんどん行動している人も多いです。

 

例えば、多いのは冬のインターンシップですね。

 

ここはギリギリ最後のインターンなので選考に有利という声も多いですが、あってもテストやグループディスカッションが免除くらいです。

 

あとは解禁前で説明会とか忙しくないのでテスト勉強やTOEICなどの勉強をして就活に備えてる人もいます。

 

ここらへんは色んな学生が勉強としてやっているのですが、就活で意識が高い学生はもう面接を始めています

 

解禁前になんで!?と思いますが、初めに言った通り外資系の企業は関係ないので始めています。

 

例えば、楽天、アクセンチュア(コンサルティング)、アマゾンなどがこの時期によく聞かれます。

 

なので12月~2月は就活の練習としてや早期内定を狙った学生などが外資系企業を受けていることもありますね。

続きを読む≫ 2017/07/12 10:51:12

【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ