【元就活生が教える】テストセンターとSPI・Webテストの違いと対策法

テストセンターとSPI・Webテストの違いは実は簡単なこと!

テストセンター,SPI,webテスト,違い,対策
どうも、おぎつです。

 

僕は就活が始まる付近までは、テストセンターとSPI・Webテストをよく耳にしていましたが、知ったふりをしていました(笑)

 

まずこれらの違いは、受ける場所問題の種類が違います。

 

そしてまず理解してほしいのは、SPIとは非言語(算数)と言語(国語)の2つの問題(教科)のことを共通して指します。

 

このSPIの言語と非言語(算数と国語)の2教科を主に受けますが、受ける場所はテストの名称によって以下のように違いますテストセンターやWebテストなどは受ける場所が全く異なります。

 

【テストセンターを受ける場所の一覧】

テストセンター 全国に数か所ある専用の場所でパソコンで受ける
Webテスト 自宅のパソコンで期限内の好きな時間に受ける
企業内テスト 企業内のパソコンで受ける
企業内ペーパーテスト マークシートで企業内で受ける

 

次に、問題の種類には注意が必要です。

 

テストセンターとWebテストはの問題はSPIで共通していて同じだと思われやすいですが、SPIの中の出題される範囲が違います。

 

※Webテストだけ、SPI以外にも玉手箱・CABなどという違う問題があります。
※今回はSPIのWebテストとして紹介しています。

 

テストセンターとWebテストの出題範囲を徹底比較!!

 

【非言語(算数)の出題範囲の一例】

頻出頻度 ×・〇・ テストセンター ペーパーテスト Webテスト
割合・比

×

資料・長文の読み取り

×

×

整数の推測

×

×

 

【言語の一例】

頻出頻度 〇・×・ テストセンター ペーパーテスト Webテスト
熟語の成り立ち

×

×

二語関係

×

熟語の意味

×

 

こんなにもSPIでも出る範囲が違うので、まとめてSPIを勉強するのは間違っています。

 

実際に最初の頃の僕は、SPIをまとめて勉強して、テストが爆死しました(笑)

 

それでは対策方法を紹介します。

ここで一息!元就活生の僕が就活中に絶対に登録しておくべきオススメサイトを紹介するよ!

就活中に役に立つオススメサイトがこちら!

【サイト先輩のESや選考の口コミが見れる⁉ 10万人の就活生が登録した就活サイト】

就職活動中の就活生がつくるリアルな就活情報・選考レポート【就活ノート】

テストセンターとWebテストの違いとSPI対策方法

テストセンター,SPI,webテスト,違い,対策
このテストセンターとWebテストの違いを認識しないで勉強していると、どちらかのテストの点数が伸びないという現象に陥ります。

 

 

そしてSPIの勉強に有名なのは、SPIノートの会の本「これが本当のSPI3だ!」シリーズです。

 

 

その中でもWebテストにおいては、この赤本をすることでほとんどの企業のWebテストはできたのでおすすめです。

 

 

 

逆に言うと、この赤本はテストセンターの出題範囲は全然カバーできていません。

 

テストセンターの対策には青本が高い点数をとれるので、おすすめです。

 

 

これらの違いを理解して、対策をするとそれぞれのテストをすんなりと解けるようになっていけます。

 

 

【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ