就活のうわさ

【就活】面接で腕時計を忘れたり、しないのはアウト?実情を元就活生が教えるよ

どうも、おぎつです。

就活で身の回り品を用意するとしたらスーツの次に腕時計ってくらい、就活生は準備しますね。

普段は時間の確認にスマホを見ればいいですが、就活中にスマホをみるのはマナー上あまりよくはないです。

社会人になるとして、時間を気にするために腕時計は必要という概念で当たり前にもなってきてます。

その大事な腕時計を面接で忘れたら、印象はどうなるのかについて教えます。

答えは、人事は気にしないです。

この答えだと、「なんでそんなこと言えるの?」とか「人事に時計してないからマイナスな印象与えて落ちちゃうんじゃないの!?」という意識高めな就活生の声が聞こえてきそうです(笑)

それでは忘れたりつけなくても大丈夫な理由と、一応忘れた時の対策法を教えておきます。

腕時計を忘れても平気な理由~面接中に人事は時計は見ない

まずは理由として、時計を見ないですね

面接中の人事は顔や話していることを聞いてメモすることなど、次に何を質問しようか考えることでやることがいっぱいです。

それなのに時計をつけているか、いないかをいちいち見たり、その印象を引きずることはありません。

そもそも面接でその企業に合うか、能力はあるのかを判断するのが面接なのでそんなので落とすアホな人事はいません。

さらに、意外とスーツの裾から時計がはっきりと見えないです。

ということで裾から見えてない可能性もあるため、あからさまに時計をしていないことが判明されません。

面接前に時計を忘れたと気づいた時の対策法

もちろん腕時計を忘れて、気持ちが下がったりすることは良くないです。

そのため、もし忘れたことに面接前に気づいて用意したい時の対策法も教えておきます。

それは安いSEIKOの時計を買うことです。

実はSEIKOはブランド時計ですが、安いタイプのものもあります。

安くてもSEIKOなので、見た目がしっかりしていて就活にも使えます。

安いものは、100均一ショップやドン・キホーテ、文具を扱ってる書店など様々なところにおいてあります。(もしかするとコンビニにも売っています)

他の対策法は、最初から予備の安い腕時計を買って就活バックに入れておくことですね。

就活の面接以外は腕時計は必要だからした方がいいよ

面接は意外と見た目の問題だけで、実際は使わないんですよ。

でも面接以外の就活は、移動やGD(グループディスカッション)などは時計の機能として役に立つので、持つことはおすすめします。

特にグループディスカッションは、時計していないと時間配分をみんなで決めた後に「あと何分くらいだろう」と思ってもわからなくて他の人に聞いたら醜態をさらします(笑)

そして腕時計を見る癖がつけば、普通にスマホで時間を見なくなって、スマホいじりしちゃうことの防止にもなります。