受かるESの書き方

【リクナビのES添削よりおすすめ】元就活生が使って良かったエージェント3選

元就活生がリクナビのES添削は実際どうか正直に話すよ

<% metaKeywords %>
どうも、元就活生のおぎつです。

リクナビでは、リクナビエージェントという別のサービスになりますが、ESの添削サービスを行っていますね。

無料で相談してもらえますし、ESを見てもらう先輩などがいない場合は便利です。

しかし就活を経験した身からすると、リクナビのES添削サービスは全然おすすめできません。

大きな理由としては以下の2つになります。

・登録や手続きなどES添削してもらうまで大変すぎ

・基本的に電話かメール対応のため、直接ESを見てもらえない

登録が面倒であることについては、ツイッターなどでも同じような意見があります。

さらに、リクナビのES添削は基本的に電話かメール対応です。

実は電話やメール対応が完全に良くないのではなく、もっと大きな落とし穴あります。

それはESを添削する人がバラバラなことです。

リクナビなど大手のES添削は気を付けないと逆に悪影響!?

<% metaKeywords %>
添削する人がバラバラなことはデメリットが多いです。

例えば、このような例があります。

・修正後のESが良いかの判断がつけづらい

・言ってることがバラバラで芯がブレたESになる

・添削が下手な人に当たる可能性がある

リクナビで添削をする人はたくさんいますが、もちろん全員が良い添削ができる人という訳ではありません。

多少なりとも、質が変わってしまいます。

そうなると、誰の意見が正しいか判断するのは難しいですよね。

基本的にはESは自分で何回も見て、直してを繰り返して良くなっていきます。

自分以外でも、他の人に見てもらうと新しい発見などもあっても良いです。

しかし、それも同じ人に何回も見てもらわないと意味がありません。

逆に毎回添削する人が変わっていると、就活を始める時にはこんな悪影響が出てきます。

・添削してもらう就活生とESが似通ってしまって、落ちやすくなる

・面接の時に深堀されると、ESの主張もバラバラで答えに一貫性がなくなる

マイナビがあまりオススメではないというのは分かりましたが、実際に無料で利用できるES添削サービスはあるのか?と疑問に思いますよね。

実際に何万人もの就活生が活用しているサービスは2つあるんです。

【結論】リクナビのES添削サービスよりもおすすめなのは2つ!!

<% metaKeywords %>
まとめるとリクナビのES添削だと、このようなデメリットがありました。

・ESの添削してもらうまでが大変

・電話やメール対応になってしまう

・同じ人にESを添削してもらえない可能性が高い

では、逆にそれらのデメリットを解決しているES添削サービスはどこか?

それが就活エージェント『neo』です。

このneoでは、毎年15万人もの就活生が利用している人気の就活エージェントです。

ESの添削はもちろんのこと、面接対策なども無料で行っています。

ちゃんと1対1の対面で相談にも乗ってくれるので、ESの添削では何回も添削をお願いできて、面接にも強いESが作れるようになります。

就活エージェントneoのデメリットもあるよ!

1対1で無料でES添削を行ってくれるneoですが、もちろんデメリットもあります。

それは対人のため、全国に6支店(東京/名古屋/大阪/京都/仙台/福岡)しかありません。
(もちろん就活エージェントで6店舗も展開しているの大手は珍しいです。)

年間15万人の就活生が利用してる就活エージェント『neo』

もし自分の地域に就活エージェントが無かったら?

もちろん無料でES添削を行ってくれるところは全国に点々とあるわけではありません。

そんな時には、ビズリーチが展開しているサービスのビズリーチキャンパスがおすすめです。

これなら自分の大学からOBOGを探せて、無料で大学の先輩からESの添削や面接の対策などの相談を受けられます。

対面するのに緊張してしまう場合でも、ビズリーチキャンパスを通して連絡先を交換することで、ESを添削してもらうことなども可能なのでおすすめです。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」