既卒・第二新卒・フリーターの再就職

 

第2新卒の転職はきつい?本当の転職サイト・エージェントの使い方がある!

第2新卒として転職となると、何か事情があるのではないかと企業に疑われるリスクがありますよね。

 

それを面接などでちゃんと説明することも大事になってきます。

 

 

さらに新卒とは違い一斉採用ではないので、どうしても転職サイト・エージェントを頼ることになります。

 

この転職サイト・エージェントを適当に決めて任せると転職が失敗してしまう可能性があるため、ちゃんと選ぶことも重要です。

 

 

まずは転職サイトやエージェントのおすすめの使い方は、2つ以上の転職サイトやエージェントを活用することです。

 

 

1つではなく、2つ使う理由は2つあります。

 

  • その転職サイト・エージェント自体が良いのかどうかを判断できる
  •  

  • 転職の可能性が広がる

 

1つの転職サイトやエージェントを使うと、そこ自体が良い企業を紹介してくれているのか分かりませんよね。

 

転職などを仕事にする人材業界は、企業に人材を送ることの紹介料で儲けています。

 

 

そのため、もしかしたら紹介料が欲しいだけですぐ入れる企業や紹介料が高いのを紹介してきているだけの可能性もあります。

 

 

例えば、保険を比較する営業や不動産なども利益が高いところを紹介してきたりするケースがあります。

 

だからこそ転職の際も2つのサイトやエージェントを活用して、良いかどうかを判断する必要があります。

 

 

そして、2つ目の理由は転職の可能性が広がるということですね。

 

やはり転職サイトやエージェントにしても得意な業界やコネがある企業などの違いがあります。

 

 

自分の行きたい業界と紹介する側の得意分野が違うと相性が悪くなってしまいますよね。

 

だからこそ2~3つの転職サイトやエージェントを利用することをおすすめします。

続きを読む≫ 2018/08/19 11:36:19

 

新卒1年目でもブラックできつかったり人間関係が辛い理由で辞めて転職している?

どうも、おぎつです。

 

新卒で入社して研修を終えたら、だんだんと会社の本性が現れるってことがよくあります。

 

 

例えば1年目からしっかり残業させられる、職場の人間が不親切・すごい怒る人がいるなどが挙げられます。

 

人間関係は運とはいいますが、それも含めて対策していないのは職場環境が悪いとも言えます。

 

 

ちゃんとした企業は、セクハラ・パワハラ・会社で悩み事が起きないように管理職の講習や新卒が悩まないような講習を開いて対策を練っています。

 

 

1年目で職場が悪くて辞めたくても、周りの目では「1年目で辞めるなんてあり得ない・・」みたいな風潮がありますよね?

 

でも新卒1年目が辞めていく人はいないと思いますが、実は離職率が10%もあります。

 

 

会社に入って1年もしないうちに10人に1人は辞めていくのです。

 

 

そして、もっと大事なことがあります。

 

それは、新卒1年目で辞めたいと思ったらほとんどの確率で3年以内に辞めるということです。

 

 

そもそも新卒3年以内の離職率は30%で3人に1人は辞めていきます。

 

3年目の途中で急に辞めたくなって、すぐに転職という人なんてアクティブすぎる人はあまりいません。

 

 

実際に辞めていく人は1~2年目から会社が嫌で辞めていくんです。

 

だから1年目だから我慢したところで、どうせ3年目などに転職してしまう可能性が高いので我慢しただけストレスが3年分たまることになります。

続きを読む≫ 2018/08/19 09:17:19

 

一般的なフリーターにおすすめの職種って実際にどうなの?

フリーター,正社員,就職,おすすめ,職種,業界
Googleやヤフーで「フリーター 就職 おすすめ」などで調べると、様々な職種をおすすめしてくれますよね。

 

例えば、飲食業・建築業・IT・営業・介護などが挙がっていました。

 

 

実際にDODAなどの転職サイトでの業界の平均年収を調べるとこんな感じになります。

 

  • 建築業(土木系) 約420万円
  •  

  • IT(ソフトウェアなど) 約470万円
  •  

  • 飲食(レストラン) 約360万円
  •  

  • 営業(サービス) 約380万円

 

さらに、これらの職種のキツさや大変さは離職率で表されてこのようになります。

 

【入社後3年以内の離職率】

 

  • 建築業(土木系) 30.1%
  •  

  • IT(ソフトウェアなど) 24.8%
  •  

  • 飲食(レストラン) 53.2%
  •  

  • 営業(サービス) 38.8%

 

やはり飲食業とサービス業は年収も低く、土日や夜も出勤が必要なため辞めていく人が多いですね。

 

それに比べて、技術的な仕事の建築やITは年収も高く離職率も飲食などに比べたら低いです。

 

 

しかし、どこも離職率が多少はあり人手不足のため、フリーターからでも就職することは難しいことはないでしょう。

 

 

そんな状況の中で他のサイトなどでは簡潔におすすめ職種として紹介されていますが、その中でも本当におすすめできない職種を紹介していきます。

 

続きを読む≫ 2018/08/12 15:26:12

 

夢や目標・やりたいことがないフリーターは続出している?

どうも、おぎつです!

 

現在では、学生から20代の人にやりたいことや夢などを聞くとほとんどの人がこう答えます。

 

 

夢もやりたいこともない

 

フリーターで夢も目標もなかったらヤバイと焦るかもしれませんが、実際は会社員だろうと大学生だろうと夢や目標を持っている人は多くはありません。

 

特にやりたいことがないからこそ、正社員もフリーターも働いて生活にかかるお金を貰おうとして生きていますよね。

 

 

無理に夢ややりたいことを見つけるのは要注意!?

 

夢や目標、やりたいことなどが無い時に一番やろうとすることが、それらを作るために無理やり何かを始めることです。

 

一見その行動は良さそうに見えますが、1ヵ月やそこらくらいでそんな簡単にやりたいことなどを見つけることは難しいですし嫌々にやる可能性が高いです。

 

 

さらに、続けることができずに自暴自棄に入るのでおすすめできません。

 

やはり無理に作った目標などよりも、自然と見つけられたりして自分から頑張ろうと思えるようになることが理想です。

 

本当にいつか夢や目標が見つけられの?見つからないままだった時の不安はどうする?

見つけようとしないまま、自然と見つけろと言いましたが正直それも不安ですよね。

 

だって見つからないままだったらどうしよう?と思ってしまうからです。

 

 

しかし、そう思う不安こそがやりたいことなどを見つけられるチャンスでもあるポイントになります。

 

つまり、夢や目標を見つけようとしている姿勢はきっかけを見逃さないということです。

 

 

例えば、ダイエットをしたいAさんと特にダイエットに関して考えてないBさんがいるとしましょう。

 

そこに1ヵ月で5キロ痩せたという話をCさんがします。

 

そうすると、Bさんは特にダイエットに興味があるわけでもないので受け流しますが、Aさんはそこでどうやってやったのかなどを聞きますよね。

 

 

これと同じようにやりたいことを作るために無理に何かを始めるのではなく、それのきっかけになる何かがないかを普段から見つけようとする姿勢を持っていることです。

 

続きを読む≫ 2018/07/22 22:04:22

 

実際にフリーターと正社員の就職ってどっちがいいの?給料とか数字で見てみると・・・

どうも、おぎつです!

 

学校を卒業すると就職をするかどうかが迫られて、多くの人が就職という道を選びますよね。

 

そんな中で、様々な理由でフリーターを選ぼうかなという人もいます。

 

理由としては、例えばこんな感じです。

 

  • 夢や目標などやりたいことがあって、就職したらできないからフリーターになる
  •  

  • 特にやりたいことが見つからないから就職はしない
  •  

  • 就職をしたらキツそうだし就職はしない

 

夢や目標があったり、なんとなく就職はしないって人がフリーターになる傾向が多いです。

 

しかし、これらの理由でフリーターを選ぶのは危ないです。

 

 

なぜなら、正社員とフリーターの生活を数字的なデータで細かく比較せずに選ぶ人が多いからです。

 

 

正社員=自由が無い・キツい、フリーター=自由、楽みたいな考えは10年前の時代になります。

 

 

実際に僕自身はやりたいことがありましたが、正社員とフリーターの生活を徹底的に比較すると圧倒的に正社員の生活の方が叶えられる計算になりました。

 

ということで給料や年収のお金だけでなく、休日数・楽さ・自由度なども踏まえてデータ的に比較していきます。

続きを読む≫ 2018/07/21 15:26:21

【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ