インターンシップの意味や目的

就活,インターン,落ちる
どうも、元就活生のおぎつです。

 

大学3年生の夏から秋にかけて、インターンシップが盛んに行われていますね。

 

秋ごろから冬の時期だと、さらにインターンの倍率が増えて書類選考や面接などの就活本番のような選考になります。

 

 

そこで倍率も激しくなると、落ちる学生も多くなります。

 

インターンで申し込んだ企業を落ちたからといって、就活本番でその企業が受からないわけではないので安心してください。

 

 

しかし、インターンで落ちたままで就活本番に挑むことは全滅する危険性もあり危ないです。

 

インターンに落ちる原因別の本番に向けた対策を教えるよ

インターンに落ちるといっても、落ちる原因は様々あります。

 

例えば、書類選考の場合はこのような原因があります。

 

  • 志望動機や自己PRがありきたり
  • 自己PRが説得力がなく、PRできていない
  • 企業研究できていない志望動機になっている

 

次に面接はこのような原因があります。。

 

  • 緊張したり面接に慣れていなくて堂々とした態度に見えない
  • 自己PRや志望動機を覚えてなくて噛んだり言えない
  • 急な質問を返せない

 

 

まとめてしまうと、主な原因はESが周りと同じ、面接慣れしていないの2つになります。

 

インターンだから落ちても大丈夫ですが、このESも不完全で面接も慣れていない状態のまま就活に挑んだらどうなると思いますか?

 

 

初期段階の選考で志望している企業に落とされてしまいます。

 

 

ESも面接も就活していくうちに良くなっていって内定が貰えると言いますが、それは最初の頃に受けた企業は落ちてしまうことになります。

 

 

第一志望群の企業を落ちて、就活に慣れた頃に第二志望群に受かったら悔しいですよね。

 

 

そこで、ESも面接も就活解禁までに仕上げておく必要があります。

 

ESも面接も就活解禁前に何回もやって場数を踏むことが大事だけど、解禁もしていないのにどうやってやるの?と思いますよね。

 

 

そこでおすすめの対策が、逆求人サイトです。

 

逆求人サイトとは、自己PRなどのESの内容をサイトに登録して、企業側が見てくれて逆に良いと思った学生をスカウトすることです。

 

 

逆求人サイトで有名なのは、ニクリーチキミスカなどがあります。

 

この逆求人サイトでメリットの1つは、就活解禁前から企業のスカウトが得られて選考を受けられるのが特徴です。

 

 

他にも普通の就活と違うメリットがまだまだあります。

続きを読む≫ 2018/08/27 21:46:27

こんにちは、去年まで就活生だったおぎつです。

 

違う記事では1週間などのインターンシップは時間がもったいない理由で、意味がないと言ってしまいました。

 

しかし、1日だけ行われる1dayインターンシップは意味があります

 

よくインターシップが短すぎることで言われることでは、「1dayインターンシップは短すぎて意味ないよ~」とか「1日だけじゃ企業のことわからないよ~」という就活を分かったような顔する学生がいます。

 

そんな学生は、逆にインターンシップに時間を費やしすぎて無駄です

 

じゃあ、1dayインターンシップはなぜ行く意味があるのか?

 

それについて就活に有利になる点などのメリットも含めて紹介していきます。

続きを読む≫ 2017/10/06 21:44:06

メーカーと言っても、車・食品・飲料・住宅など様々ありますね。

 

就活でメーカーは大人気プラス採用人数が少ないので、倍率が半端じゃないです。

 

例えば、明治で2750倍、ヤクルトで315倍、味の素で317倍と凄い競争率ですね。

 

インターンシップでももちろん学生に人気があるので競争率がすごいです。

 

そんなメーカーのインターンシップの志望動機の中で共通して書いちゃいけないことがあります。

 

 

それは企業の製品が好きとモノづくりです。

 

 

この志望動機がメーカーの定番です。

 

だけど逆に言うと、人事が見るともうありきたりで見ないということに陥る可能性が高いです。

 

だからこそ、「じゃあメーカーの志望動機はどうすればいいんだよ!」という学生も多いと思うので実際に作る側の理系と営業系の例文も作ってみました。

 

 

メーカーのインターンシップ志望動機の受かる例文とNG例文

 

では実際に、理系の技術職の例文と文系の営業職の例文を見ていきましょう。

 

【明治の理系の技術系NG例文】

 

私は、常に食品で日々の生活を安心安全とともに充実させている御社で作るということを学んでいきたいため志望しました。
 大学の研究の○○というモノづくりにおいて常に研究を行ってきていましたが、実際に○○に活かせていけるとは難しいです。御社では、商品への研究を消費者に届けられるようにどのように活かしているかを知りたく、御社でのインターンシップを志望しました。

 

このNG例文のダメなポイントは2つです。

  • 最初の志望理由がダラダラして頭に入りづらい
  • 研究とこのインターンで学びたいことの具体性やエピソードが物足りない

 

【明治の理系の技術系の受かる例文】

私は、御社の製品の「食と健康」の付加価値を追求していく姿勢を実際にインターンシップを通じて学びたく志望しました。
 【志望したきっかけ】大学での○○の研究において、実際に付加価値をつけていくことや常に改良していくということを難しく感じていました。そんな中、御社では常に○○○の製品が数十年続いても改良しており、付加価値もつけている製品になっていくことを知りました。
 このインターンシップを通じて、私は製品に付加価値をつけていくことなど常により良いものを作るという姿勢で取り組み、学んでいきたいと思います。

 

さっきのNG例文と比較すると、このようなポイントがあります。

  • 最初に「」とキーワードでわかりやすくしている
  • モノづくりの話をしているが、具体的なエピソードがある
  • インターンにおいて自分の取り組み方のアピールがある

 

次に営業系のメーカーNG例文です。

 

私は、御社の○○など乳製品の健康を考慮した製品が好きなため、これを消費者にどのように届けられているかという点を知りたく志望しました。
○○の製品は実際にスーパーやコンビニで目に入るので他の製品と比べると健康において成分に違いを感じます。
営業として消費者や生産者に対してどのように工夫しているをインターンシップを通じて学んでいきたいと思います。

 

これは少しダメすぎな例文にしてしまいました(汗)

 

とにかく企業や製品のことしか書かれていない

 

これだと好きなだけ学生くんでESが弾き飛ばされます。

 

では受かる例文です。

 

 

私は、御社で製品を【e顔、健康】をどのように届けているかを学びたく、そして営業として【消費者に伝えやすい】を意識してこのインターンシップを取り組みたいです。
 きっかけは部活(orサークル)で部長として部員に指示に対して要点を上手く伝えることに悩んでいた際に、様々な企業のマーケティングを学んでいました。
その際に、御社の○○などのマーケティングなどが特に~~という部分で参考になったので、実際にインターンシップを通じて現場で学びたいと思いました。
 私は、このインターンシップで【消費者に対して伝える】ということを意識して取り組みたいと思います。

 

少し無理やりなエピソードにも思えますね(笑)

 

でもこれくらいだと印象にも残りやすいです。

 

やはりこの部分ではメーカーのESは【】や太字を使って目立たせた方がいいです

 

少しここの自分の取り組み方はもっと明治だからこそのを考えていくと良いです。

 

自分でどんなことを意識して取り組みたいかをどんどん書いて、また見直して直すの繰り返しをしていきましょう。

 

考えすぎて手を動かさないは一番よくないです。

 

 

 

続きを読む≫ 2017/07/28 11:23:28

こんにちは、おぎつです。

 

毎年の就活で人気の金融業界は一番多くの学生を採用します。

 

3大メガバンクのみずほ、三菱UFJ、三井住友は約1500人で他の銀行も500人程度は採用します。

 

しかしこれは離職率が3割を超えるというキツさからこんなに大人数を採用しているとも言えますね。

 

こんなに多くの学生を採用するということは、インターンでも多くの人数を募集しています。

 

大きい銀行は参加すればするほど良いとされて、スタンプラリーとも言われていますね(笑)

 

ではこの銀行へのインターンの志望動機の例文や押さえておきたいコツをしっかりと紹介していきます。

 

銀行・金融業界のインターンシップ志望動機の受かる例文とNG例文

 

まずはNG例文から

 

【三井住友銀行のインターンシップNG例文】

 私は、御行で貯蓄から投資へと移り変わる時代に変化している現代で、様々なニーズに応えていける御行だからこそインターンシップで学んでいきたいと思っています。

 

 現在、学業では金融について学んでいるとともに少子高齢化という日本の抱える問題も意識して勉強しております。そのため、どんどんと高齢者が増えて年金だけでは暮らしていけなくなってしまうのではないか、その中で何ができるのかと考えたところ、投資について考えさせられました。投資と言っても1人でやることは難しいため、銀行が仲介して商品の紹介やサポートをすることで高齢者の老後を支えていけるのではないかと思いました。

 

 私は、その考えの中で全国に支店を広げており規模の大きい御行でインターンシップを体験し、この問題にどう取り組めばよいかを学びたいと思いました

 

ダメなポイントは下線の部分です。

 

  • 様々なニーズに応えていける御行だからこそインターンシップで学んでいきたい
  • →様々なニーズにはどの銀行でも応えているし、他の銀行との差別化ができていない!
    これだと面接官に「他銀行でも用意してるよ?」とか思われる可能性がある。

     

  • 金融について学んでいるとともに少子高齢化という日本の抱える問題も意識して勉強しております
  • →銀行マンの方が金融の勉強に詳しいし、アバウトすぎる。勉強不足だと面接があるとまずい。

  • 全国に支店を広げており規模の大きい御行
  • →これも他の銀行のほうが店舗広げてるところあるし、決めての理由にしづらい。

 

では次に正しい例文です。

 

私は、貯蓄から投資へ移り変わる現代で、いち早く取り組める御行で投資を広められるようなリテール営業をインターンシップで学んでいきたいと思っています。

 

 現在、ボランティア(アルバイトでも可能)で高齢者と触れ合う機会があるため、年金だけでは暮らしていけなくなってしまうのではないかという心配の声を聞くことがあります。その中で何ができるのかと考えたところ、投資について考えさせられました。投資と言っても1人でやることは難しいため、銀行が仲介して商品の紹介やサポートをしているということで高齢者の老後を支えていけるのではないかと思いました。

 

 私はその考えの中で、貯蓄から投資という移り変わりにどのような営業を行っているか実際に学ぶと同時に、自らがその移り変わりを実現できる姿勢で取り組みたいため志望しました。

 

さっきと違い、三井住友銀行が推しているスピード感を志望動機に取り入れたり、ボランティアやアルバイトという具体的なエピソードを取り入れることでもっと印象づけしてみました。

 

もちろんもっとこれより良い志望動機はまだまだ書けると思うので、これを参考に自分でどんどん書いて見直しての試行錯誤をして行きましょう。

 

続きを読む≫ 2017/07/27 17:34:27

インターンシップに応募してやっと受かって、いざ研修!となっても何日間も朝早いし、めんどくさくなってしまうことはあります。

 

交通費以外は無給だし、長いし学校でやることとかもっと遊んでたいってなったらやめたくなります。

 

その時にやめたくても企業の選考に響きそうだからやめられないとなる人が多いですが、案外大丈夫です。

 

でも3日以上のインターンシップだと当日に寝坊や遅刻してしまうのはよくあることですし危ないですね。

 

これはバックレてしまうか迷いどころになってしまうので、やめたかったりばっくれるか迷ったときの対処法を紹介していきます。

 

まずはインターンシップをやめたい時の対処法

これは学業を理由にインターンシップをやめると伝えましょう。

 

インターンは数日間あることが多いので、身内の不幸や体調不良などは使えないからです。

 

学業ならこんな理由があります。

  • 急きょ、ゼミの教授に研究の助手として数日間手伝ってほしいと頼まれてしまった。
  • 卒業の単位に必要な科目が教授の都合で振替になってしまい、出なければいけなくなった。
  • ゼミの海外研修がこの期間に急に決まってしまい、いけなくなってしまった。

 

これらの学業の理由なら、学生ですし人事の人もしょうがないと思うしかありません。

 

学業に専念している学生なんだなと思われて、印象も良いですし後からの選考にも全く影響はありません。

 

インターンに寝坊や遅刻した時の対処法

例えば、9時集合で8時半などに起きてしまって間に合わない時は通勤途中の腹痛や気持ち悪くなったとして切り抜けられます。

 

これなら企業側は途中で体調を崩してしまったからしょうがないとなるので、寝坊したことがバレるのは避けられます。

 

実際によく友達が面接の時に寝坊するので、この切り抜け方を駆使して違う日程に面接をずらしてもらってました(笑)

続きを読む≫ 2017/07/03 11:25:03

こんにちは、大学4年生のおぎつです。

 

夏以降からインターンシップの募集が始まって、就活意識高い系の友達はどんどんエントリーして選考し始めていますね。

 

なんか周りが就活を始めていると出遅れてないかと不安になります。

 

自分も周りが3日から1週間インターンとか行き始めたので、自分も行ったほうがいいのか!?と思いました。

 

でも夏休み、冬休みとか大事な学生4年間の休みを無理やりでもこれから30年以上働くのに体験しなきゃいけないんだ!とも思ってました(笑)

 

旅行とか部活動、アルバイトとか今しかできないことにしっかりと使おうと思ったので、1日インターン(銀行)だけ行きました。(金融の仕事だけなにしてるか全然イメージがわかなかったので)

 

結局、結論から言うと行かなくて大丈夫です。

 

もし周りに流されてなんとなくだったり、就活で有利になるとか意味不明なこと考えてインターンに応募しても意味がないし無駄です。

 

自分は1日インターン行った銀行は落ちたし、インターン行ってない企業に内定を貰いました。

 

周りにもインターンは最低でも役に立った程度で直接的にインターンのおかげで内定もらったなんて人は1人もいません。

 

それよりも逆求人サイトで面接など実際の就活を早くからやっていた方が、就活慣れをして内定を貰える可能性が上がります。

 

参考記事→【新卒】元就活生が教える本当におすすめの逆求人サイト

 

じゃあもっと詳しく、なぜインターンシップは行かなくても大丈夫なのかを解説していきます。

続きを読む≫ 2017/06/23 12:49:23

【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ