内定者が語る!伊藤園の面接の質問対策や選考フローを紹介【企業分析・研究】

意外と知らない?伊藤園の業界研究と採用データをまず抑えよう!

伊藤園,採用,選考フロー,質問例,面接対策,年収,評判,企業研究,企業分析
どうも、元就活生のおぎつです。

 

僕が就活生の頃に、選考フローや質問例・その企業の面接対策の情報収集で様々なサイトに飛ぶのが大変でした。

 

正直、その苦労で時間が取られるのはもったいなかったです。

 

 

ということで、選考フローから実際の内定者などの面接の質問例・対策などをこのサイトだけ見られるように様々な有名サイトから情報を収集してきました!

 

では早速、伊藤園の業界研究から見ていきましょう。

 

 

伊藤園の主力商品は、「おーいお茶」を代表とする清涼飲料です。

 

清涼飲料とはアルコール1%未満の飲み物で、缶やペットボトル入りのコーラやコーヒー、果汁飲料のほか、ノンアルコールのビールテイスト飲料などを含みます。

 

 

清涼飲料の市場は生産量ベースでは3年連続で、販売金額でも2年連続で最高記録を更新しています。(2017年)

 

販売金額では、加工食品の中で最も大きいマーケットになっていますが、そのために競争が激化し、単価が下がっているとも言われており、右肩上がりの成長が続くかどうかは不透明です。

 

 

 

さらに、どの業界でも共通している人手不足の問題が、商品の重量が重い清涼飲料にはより重くのしかかり、物流の効率化が各社の喫緊の課題となっています。

 

 

清涼飲料業界の国内シェアは以下のとおりです。(2016年)

 

  • 1位:コカ・コーラグループ(27.1%)
  • 2位:サントリー食品インターナショナル(20.8%)
  • 3位:アサヒ飲料(13.4%)
  • 4位:キリンビバレッジ(12.2%)
  • 5位:伊藤園(11.1%)

 

1985年に世界初の緑茶飲料として缶入り煎茶を発売して以降、緑茶では国内No.1シェアを持っている伊藤園ですが、競合各社の参入(サントリーの伊右衛門・キリンの生茶)今後縮小が予想される国内市場をにらみ、世界のティーカンパニーを目指しています。

 

つい先日も「お~いお茶 宇治抹茶matcha LOVE 有糖抹茶スティック」を発売し、外国人にも飲みやすい緑茶製品の開発を進めています。

 

次に伊藤園の採用データを見ていきましょう。

 

募集人数

募集予定人数・・・200名程度
営業職、事務職、研究開発職

基本給

【2018年5月実績(営業職)】
大学院卒     月給224,000円 (固定残業27時間分37,000円含)
大学卒       月給212,000円 (固定残業24時間分32,000円含)
短大・専門卒   月給194,000円 (固定残業23時間分28,000円含)

昇給・賞与 賞与:年2回(6月・12月) 昇給:あるが、数字などの明記無し
休日休暇

週休2日制(年間120日、2017年度実績)、祝日、年末年始休暇
年次有給休暇、特別休暇、メモリアル休暇(年次1日)、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇

【内定者・元就活生の体験談】伊藤園の選考フロー・質問例

伊藤園,採用,選考フロー,質問例,面接対策,年収,評判,企業研究,企業分析
実際に面接を受けた就活生や内定者の体験談から質問例や選考フローをまとめたのがこちらになります。

 

【選考フロー】
プレエントリー→ES→セミナーおよび一次選考(筆記)(ES合格者のみ)→面接(複数回)

 

【エントリーシート】 時期:3月から
(形式)マイナビまたは自社ホームページよりエントリ-

 

・サイトからダウンロードした用紙に手で記入

 

・伊藤園で具体的にやってみたい仕事とその理由

 

・ほとんど一般的なものでありましたが、インターンのESと本試験のESと説明会の感想文、履歴書において丸写しにならない
様に心がけました。

 

・内容に関しては一般的な志望動機、どんな社会人になりたいか、伊藤園で何をしたいか、学生時代に頑張ったこと等です。

 

【セミナー】
・企業の説明とそれが終わり次第筆記試験でした。内容は難しくはなかったですが、スピードが問われました。

 

・伊藤園の歴史と現状について。能力開発部の社員さんからの仕事内容と職種紹介。

 

・茶殻の利用プロジェクト、耕作放棄地の再生等の新規事業について。

 

・説明会参加時に感想文を記入、終了後は筆記試験と適性検査が行われました。

 

・インターンに参加した人にとっては、ほぼ同内容で重複する部分が多かったかと思います。

 

 

 

【筆記試験】
・マークシート(数学、算数/国語、漢字/性格テスト)

 

・SPIの基本的な問題レベルの難易度に感じました。しかし、おそらく企業オリジナルの問題であったと思います。

 

・インターン等を通じて社員さんの雰囲気や業務内容を考慮に入れてつつ、答えていくと良いかと思います。

 

・難易度は高くないです。ただ、時間が私的には短く感じられました。

 

【面接】
・一次では一般的な質問に加えて、伊藤園の課題、最後に一言も聞かれました。

 

二次は伊藤園の会社情報を聞かれ、その他は難しい質問もなかったです。

 

・最終だけ少し厳しめの雰囲気でした。ここでは志望度の確認、ESの深堀などをされました。どれも準備をしておけば難しいことはないです。

 

・志望動機、入ったらどのように活躍するか、世界のティーカンパニーになるためには、会社について、説明会で感じた点、選考状況

 

・世界のティーカンパニーを目指すためにすべきことは?

 

・社長の名前、売上高、商品開発のコンセプト

 

・志望動機、伊藤園の課題、会社の情報(商品など)、逆質問

 

 

【内定】
・特に指示は受けませんでしたが、7月中旬に内定者懇親会があるということでした。

 

・大阪での合格者イベントがあるので、ぜひ参加して欲しいと言われました。

 

 

【内定者・元就活生の体験談】伊藤園の選考の良かった点・悪かった点

 

【良かった点】
・毎回お茶をくれた
・選考結果の連絡が早く、待つことがあまりなかった。
・面接のとき緊張をほぐそうとしてくれた。

 

 

【悪かった点】
・連絡が遅かった
・面接の時間が大幅に押した
・交通費がでない。

【スポンサーリンク】

トップへ戻る